《4/19》東京建築まち散歩 〜市ヶ谷・神楽坂界隈〜
東京の建築と町並みの歴史をたどるシリーズ

講座番号:240419

市ヶ谷は、外濠の外側に武家地や寺社地、町屋などが混在し、 独自の文化が開いた場所です。今でも「市谷砂土原町」や「市谷薬王寺町」など江戸の町名が残されています。 閑静な町並みから江戸の面影まで新旧を重ね合わせながら ゆっくり散策します。 最後は神楽坂へ行き、飯田橋で解散予定です。 ※教室ではありません。外を歩きます。 雨天決行 【集合場所】セブンアカデミー(市ヶ谷) 【新型コロナウィルス対応に関するご注意事項】 @ご参加前にはお客様ご自身による体調チェックをお願いします。 Aご自身やご家族に発熱や咳などの症状がある場合は、ご参加をお控えくださいますようお願いします。 Bマスクの着用は、個人の主体的な選択を尊重し、個人の判断に委ねることといたします。
期間2024/04/19(金)
曜日・時間指定金曜日 13:30〜15:30
回数1回
残席状況満席
途中受講不可
見学不可
持ち物歩きますので、履きなれた履物でお越しください。天候によっては雨具も。
備考集合:13:20 セブンアカデミー(市ヶ谷)
その他資料      
講座詳細詳細
【講座スケジュール】
日程時間講義内容
2024/04/19(金) 13:30〜15:30

【講師紹介】
松本裕介
東京大学工学系研究科建築学専攻博士課程。日本建築史を10年間研究。その後、日建設計、アトリエ系建築設計事務所を経て、独立。住宅・医療施設などの設計を行っている。現在、杉並区や江東区などで建築史講座講師をつとめる。また趣味として20年以上つづけてきた街歩きの経験を生かし、市民対象の歴史的建造物散策・史跡散策グループを主催。趣味は美術鑑賞、茶道、古文書解読など。
料金区分受講料
一般会員 4,950円