《1日講座》特別鑑賞会付き 細川護熙さんが語る 細川家 美と戦いの700年
【セブンアカデミー×永青文庫共催】

講座番号:200013

※ただいま申し込みを一時停止にしています。ご迷惑をおかけしております。(2020.07.13) 財団設立70周年記念「永青文庫名品展 没後5 0 年 美術の殿様”細川護立コレクション 」の開催を記念して、細川家の伝来品やそれにまつわる逸話など、永青文庫が所蔵する作品の見どころについてお話しします。 ※日程が変更になる場合もございます。 【会場】日本女子大学 新泉山館 1階大会議室 〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1 (アクセス) ●JR山手線「目白」駅 徒歩:約15分 バス:約5分 ●東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅(3番出口)徒歩 約8分 ●東京メトロ有楽町線「護国寺」駅(4番出口)徒歩 約10分 詳細はこちらをご確認ください https://unv.jwu.ac.jp/unv/access.html 【お申し込み時のご注意事項】 ・受講料(教材費含む)のご入金後はキャンセルができません。 ・ご入金に関するお控えは保管し、当日お持ちください。 ・講座に関するご案内状の郵送はございません。会場までのアクセスはセブンアカデミーHPなどでご確認ください。 【プロフィール】 細川 護熙(公益財団法人永青文庫 理事長/細川家18代当主) 1938年生まれ。上智大学法学部卒。朝日新聞社、衆・参議員、熊本県知事などを経て、第79代内閣総理大臣。「鎮守の森のプロジェクト」理事長。焼きもの、書、水墨画、油絵、漆芸などを手がける。2012年より、奈良や京都の寺院へ納める襖絵の制作を始める。 橋本 麻里(公益財団法人永青文庫 副館長) 1972年生まれ。日本美術を主な領域とするライター、エディター。金沢工業大学客員教授。新聞、雑誌への寄稿のほか、NHKの美術番組を中心に、日本美術を楽しく、わかりやすく解説。著書に『美術でたどる日本の歴史』全3巻(汐文社)、『京都で日本美術をみる[京都国立博物館]』(集英社クリエイティブ)、『変り兜 戦国のCOOLDESIGN』(新潮社)、共著に『SHUNGART』『原寸美術館 HOKUSAI100!』(共に小学館)、編著に『日本美術全集』第20巻(小学館)等多数。
期間2020/09/11(金)
曜日・時間指定金曜日 13:00〜14:30
回数1回
残席状況満席
途中受講不可
見学不可
持ち物詳細案内は開講日1週間前にご登録住所へ送付します。
備考【会場】日本女子大学 新泉山館 1階大会議室
その他資料      
講座詳細詳細
【講座スケジュール】
日程時間講義内容
2020/09/11(金) 13:00〜14:30

【講師紹介】
細川護熙

橋本麻里

料金区分受講料
会員 4,950円
一般 5,830円