《1日講座》「クリムト展 ウィーンと日本 1900」鑑賞講座
「黄金様式」時代のクリムト作品からウィーン世紀末美術を探ります。

講座番号:190018

19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト(1862-1918)。分離派結成後の黄金様式時代の代表作など、ウィーン世紀末美術の魅力にせまります。 グスタフ・クリムト《ユディトT》 1901年 ウィーン、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 Copyright:Belvedere,Vienna, Photo:Johannes Stoll 【お申し込み時のご注意事項】 ・受講料(教材費含む)のご入金後はキャンセルができません。 ・ご入金に関するお控えは保管し、当日お持ちください。 ・講座に関するご案内状の郵送はございません。会場までのアクセスはセブンアカデミーHPなどでご確認ください。
期間2019/05/11(土)
曜日・時間第2土曜日 13:00〜14:30
回数1回
残席状況
途中受講不可
見学不可
持ち物
備考
その他資料      
講座詳細詳細
【講座スケジュール】
日程時間講義内容
2019/05/11(土) 13:00〜14:30

【講師紹介】
千足伸行
成城大学名誉教授 広島県立美術館館長 1940年東京生まれ。東京大学文学部卒。TBSを経て国立西洋美術館勤務。1970年西ドイツ政府給費留学生としてミュンヘン大学に留学。ヨーロッパ近代、世紀末美術を専門とする。
料金区分受講料
会員 3,240円
一般 3,888円