《1日講座》画家の視点で見るフェルメール 13:30〜15:00
〜フェルメールの名画8点が上野に集結〜

講座番号:180061

★こちらは13:30〜15:00の回となります。 16:00〜17:30の回はこちらからどうぞ!→http://ur0.work/Mug5 日本美術展史上最大のフェルメール作品8点が集結する、「フェルメール展」(上野の森美術館 2018年10月5日〜2019年2月3日)が今秋開催されます。 世界的にも人気が高いフェルメールの魅力をもっと楽しむために、人気画家のあべとしゆきさんが、画家ならではの視点で今回東京展で展示予定の8作品の魅力や謎について語ります。 ヨハネス・フェルメール 「手紙を書く婦人と召使い」 1670-1671年頃 アイルランド・ナショナル・ギャラリー Presented,Sir Alfred and Lady Beit, 1987(Beit Collection)  Photo © NationalGallery of Ireland,DublinNGI.4535 
期間2018/12/16(日)
曜日・時間第3日曜日 13:30〜15:00
回数1回
残席状況満席
途中受講不可
見学不可
持ち物
備考開場は13:10頃を予定しています。※多少前後する可能がございます。
その他資料      
講座詳細詳細
【講座スケジュール】
日程時間講義内容
2018/12/16(日) 13:30〜15:00

【講師紹介】
あべ としゆき
新聞社デザイナー、美術教師を経て08年より水彩画家として活動。内藤秀因記念水彩画展大賞、日本水彩展上野の森美術館賞受賞、12年からスペインの国際水彩画展出品。
フランスの美術誌「The Art of Watercolour」「pratique des arts」に作品掲載。主な著書に「水彩画 静かな光を求めて」「水彩画 小さな光の音楽」「水彩画光を奏でるために」。JWS会員、アベティ水彩画教室主宰。
料金区分受講料
会員 3,780円
一般 4,536円